少部数の同人誌作成に最適なオンデマンド印刷

   

オンデマンドは、従来の同人誌印刷で主流とされてきたオフセットに迫る勢いで利用する人を増やしている方法です。その魅力は何と言っても少部数の同人誌をリーズナブル価格で作成できることで、仕上がりは美麗であるもののそれなりの費用がかかり、部数が少ないと単価が割高になるオフセットに比べて各段に利用しやすい価格であることから、これまではコンビニのコピー機で手作りで冊子を仕上げていた人も業者に依頼するケースが増えてきました。これまでよりも安価に個人誌などを作成することができ、手作りのコピー誌よりも本格的な冊子として発行できるようになったことで、創作を楽しむ人の発表の場を増やすことにもつながっています。原稿データを業者に渡すのが非常に楽になったことも気軽に作成する人を一層増やすことになりました。

簡単で便利なデータ入稿も利用者倍増のカギ

同人誌を作る人々にとって一昔前より格段に便利になったのが、データ入稿というネット上での原稿受け渡し方法が一般化したことです。以前は何らかの冊子作成を業者に依頼する場合、原稿そのものを何らかの方法で渡す手間がかかりました。郵送や宅配便などの手段で納入するため、イベントなどで冊子等を販売したい場合、当日までに仕上がるよう業者に早めに送る必要もありました。小説などの文字作品のみならず現代では漫画もデジタルで作成するのが主流となったことでに加え、光回線が一般的になったことで大容量のデータを手間なくオンラインで送れるようになり、現在ではインターネット上で印刷を請け負う業者のほとんどが簡単にデータ入稿できるシステムを取り入れています。その手軽さのおかげで、本を作ること自体を楽しむ人を増やしました。

少部数で再発行が容易な点も大きな魅力

オンデマンドが従来方式に比べて安価なのは、オフセットで必要な「版」を作る手間と費用がかからないためです。オフセットはいったん作った版を元に印刷するため、少部数では版を作ったぶん割高になってしまいます。オンデマンドの場合は従来方式と違って版を作らず、コピーやレーザープリンターと似た形式でプリントするため、版の作成費用がかかるオフセットよりもリーズナブル価格で利用でき、少部数で再発行も容易なプリントを実現しました。コピーに近い仕上がりであるため、漫画作品の場合は細かい部分の再現がやや粗めとなり、カラーの場合もカラーコピーに近い雰囲気で、冊子の表紙でPP加工という表面加工を行うと紙がやや反り返ることもあります。とは言え、オフセットより安価にカラー表紙の冊子が作成できる点は非常に魅力で、デメリットとされていた部分も年々解消されつつあり、今後がさらに期待されています。