同人誌の印刷や加工オプションなどのポイント

   

同人誌は昔から多くの方々が作成してきたものです。ただ単純に「同人サークル」ということであれば漫画などとは全く関係がない今でも名前の著名な文豪たちが作成した同人雑誌という本ですら存在します。どちらかというとアニメや漫画などのイメージが強いものですが、それだけではなく小説版タイプのものや美麗イラストのみを収録したタイプの本もあります。
これらの本は日本がアニメ、漫画が世界的にもトップクラスの基準を誇っていることから海外でも人気があるジャンルであり、有名な人気作家の場合にはこのような冊子がきっかけで大手の出版会社との契約を果たすこともあるものです。
一口に同人誌と言っても様々なタイプのものが存在しますから、ご自身が納得できる加工や印刷を行ってくれる会社さん選びが重要になります。

同人誌が売れるためには印刷や加工も重要

個人的に作ったものは、当然ながらその方に著作権がありますが逆にオリジナルではなくどこかしらの漫画雑誌から既にあるキャラクターなどを使って本を作られた場合には著作権侵害にあたってしまうことがありますので注意が必要です。
さてオリジナルの本を作り、実際に販売会場に来た方に手に取っていただく場合には見栄えが良い装飾などの加工が重要になっております。一見して魅力がない本であればいかに中身が素晴らしくてもまず購入しよう、という気持ちにはなれません。そのため余程に名前が売れておりなおかつ家に置いておきたい、何度も読みたいと思ってもらえるような技術をオプションとして盛り込むことも大切であります。
例えば、表紙を美しく装飾依頼するには別料金がかかりますが、このことによりご自身の作成本が、より多くの方に読んでもらえるというメリットも増加します。

オプション料金で自分の希望通りの一冊を

可能な限りに高く売り、そして出来るだけ安い価格で印刷などをしてもらおうとした場合、作り手の方によってはコンビニなどのコピー機やご自宅にある機械などで安く白黒の本を作られてしまうことがあります。しかしこのような場合にはページなどを読み進めていくと分かる紙の質や装丁の雑さが目立ってしまい、場合によっては今後はこちらの作家さんのものは欲しくない、と内容に関わらずに今後は購入して貰えないケースも存在するのです。
このようなトラブルを防ぐためにはオプション料金で良い本を作るようにした方が、ご自身も購入者側さんも納得が出来る一冊を手元に残しておくことが出来ます。
素晴らしい同人出版の作成会社さんの場合には金銭的な問題も解決ができるよう、より安い価格でまた書き手さんが納得される形での納品となるようにこまめに連絡をくれることが多いものであります。